2016年02月24日

Excel(エクセル)の入門から応用まで映像と音声でしっかり学べます

Excel(エクセル)でこちらの様な内容を勉強することができます

エクセルの起動/画面構成/ワークブックの新規作成/ワークシート/文字を入力する/文字のコピー/ワークブックの保存/ファイルを開く/オートフィル/オートフィルのダブルクリック/オートフィルオプション/オートフィルの書式コピー/入力規則/入力規則の解除/ドロップダウンリスト/日本語入力モード/エラーメッセージ/データの重複を削除する/セルの移動とコピー/ドラッグアンドドロップによる移動とコピー/貼り付けオプション/形式を選択して貼り付け/ワークシートの表示倍率の変更/リボンを最小化する/表示モードの切り替え/ウインドウ枠の固定/画面の分割/同一のワークブックを開く/ワークシート名を変更する/ワークシートを移動する/ワークシートをコピーする/ワークシートを挿入する/ワークシートを削除する/ワークシートの選択/ワークシートの非表示/ワークシートの再表示/テーマを適用する/オリジナルのテーマを作成する/オリジナルのテーマの適用と削除/ワークシートの枠線・行列番号の設定/ワークシートの見出しの色の設定/ワークシートの見出しの色を無しにする/ワークシートの背景に画像を挿入する/ワークシートに透かし画像を挿入する/列の幅を設定する/行の高さを設定する/行と列を複数選択する/行を挿入する/行を削除する/列を挿入する/列を削除する/セルを挿入する/セルを削除する/列を非表示にする/行を非表示にする/列や行にまとめて書式を設定する/罫線を設定する/罫線を削除する/セルの書式を設定する/複数の書式をまとめて変更する/セル内の文字を折り返す/セルの結合/セルの表示形式/セルの書式のクリア/日付の表示形式の変更/ユーザ定義の書式/ユーザ定義書式による日付の表示形式/ユーザ定義書式による文字列の追加/セルのスタイル/独自のスタイルの定義/セルのスタイルの変更/ハイパーリンクで別のシートを表示/ハイパーリンクでホームページを表示/ハイパーリンクの変更/区切り位置/テーブルスタイルの適用/テーブルスタイルの変更/テーブルスタイルのオプション/テーブルスタイルの書式設定/テーブルスタイルの集計/テーブルに列を追加/セルの参照/複合参照/数式のエラー/異なるワークシートのセルを参照/異なるワークブックのセルを参照/名前の定義/名前の定義で数式を作成/名前の定義の変更/SUM関数/AVERAGE関数/MAX関数/MIN関数/COUNT関数/COUNTA関数/SUBTOTAL関数/SUMIF関数/SUMIFS関数/AVERAGEIF関数/AVERAGEIFS関数/COUNTIF関数/COUNTIFS関数/VLOOKUP関数/HLOOKUP関数/IF関数/AND関数/OR関数/NOT関数/IFERROR関数/PROPER関数/UPPER関数/LOWER関数/SUBSTITUTE関数/LEFT関数/RIGHT関数/MID関数/数式の表示/グラフの作成/円グラフの作成/グラフのデータ範囲の変更/グラフデータの行と列の入れ替え/グラフのスタイルの変更/グラフのレイアウトの変更/グラフタイトルの設定/軸ラベルの設定/凡例の設定/グラフタイトルの書式設定/データ系列の書式設定/データラベルの書式設定/グラフの移動とサイズ変更/数値軸の設定/グラフの場所の変更/グラフの種類の変更/項目軸の反転/複合グラフの作成/条件付き書式/別のセルの式による条件付き書式/条件付き書式のルールの編集/条件付き書式のルールの削除/条件付き書式で複数のルールの設定/重複データの強調表示/上位・下位ルールの利用/条件付き書式でデータバーを使う/データバーの設定/条件付き書式でカラースケールを利用する/条件付き書式でアイコンセットを利用する/画像の挿入/画像にスタイルを適用する/画像の編集/画像の圧縮/スマートアートグラフィックの利用/スマートアートグラフィックの編集/スマートアートグラフィックスタイルの利用/スマートアートグラフィックの書式をまとめてリセットする/図形の挿入/図形の表示順序の変更/図形の左右反転/図形に文字を挿入する/データの並び替え/複数の列を基準に並び替えを行う/フィルタの使用/テキストフィルタの使用/数値フィルタの使用/日付フィルタの使用/フィルタの解除/セルの書式を使って並び替えを行う/色フィルタの使用/条件付き書式を使って並び替えを行う/小計の使用/アウトラインの作成/変更履歴の記録/変更履歴の記録を別のワークシートに表示する/変更履歴の記録の解除/コメントの使用/ワークシートの保護/ワークシートの保護で特定のセルのみ入力できるようにする/範囲の編集を許可/ワークブックの保護/ワークブックにパスワードを設定する/ワークブックの共有/ワークブックのプロパティ/ドキュメント検査/デジタル署名/デジタル証明書を削除する/デジタル署名を削除する/署名欄を挿入する/ワークブックを最終版にする/互換性チェックの実行/ワークブックを古いバージョンで保存する/テンプレートの作成/作成したテンプレートを使用する/作成したテンプレートを削除する/ワークブックをwebページとして保存する/マクロ有効ブックとして保存する/マクロを記録する準備/マクロを記録する/PDFファイルとして保存する準備/PDFファイルとして保存する/印刷範囲の設定/印刷範囲の設定の解除/改ページの挿入/改ページの解除/改ページプレビュー/印刷タイトルの設定/印刷の余白の設定/印刷対象を中央に配置する/ヘッダー・フッターの設定/用紙サイズの設定/拡大・縮小印刷/ページ数に応じて印刷倍率を設定する/印刷の実行/ワークシートの枠線や行列番号を印刷する



Excel(エクセル)と一言でいっても
使ってことない機能、知らない機能がたくさんあります

動画パソコン教室で
動画でしっかり見て、実際にExcel(エクセル)を操作して実践できます
動画を見るだけでなく、しっかり動作を確認する事が大切だと思います

動画だからこそ、何度でも繰り返ししっかり見る事ができます

Excel(エクセル)の初心者の方から
パソコンの初心者の方から
入門から勉強を開始できます

入門から応用まで映像と音声でしっかり分かり易く学べる動画パソコン教室になります


オフィスのバージョンは2016

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを動画で楽々マスター!動画パソコン教室!【楽ぱそDVD】オフィス2016
posted by エクセル2016から at 12:40| Excel2016からスタート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

Excel(エクセル)を使えるようにしてパソコン操作の能率がアップさせたい

就職・転職の面接でも「Excel(エクセル)はできます!」と自信を持っていえるので
面接担当も「この人はパソコンは大丈夫だな」と感じるはずです。

「第一に実務で即戦力となるスキルを身につけていただく」ということです。
勉強した気になったと思わせる教材ではなく、
実際に仕事やプライベートで活用できる
生きたスキルを身につけていただくことを当社の使命としております。

もしあなたがパソコンスキルに自信がないなら

まずはじめに「Excel(エクセル)」をマスターしてください。
なぜならほとんどの事務処理はエクセルが使いこなせればスムーズにできます。
またエクセルは表計算だけでなく、文書の作成もできますのでまずは最優先で覚えてください。
就職・転職の面接でも「Excel(エクセル)はできます!」と自信を持っていえるので
面接担当も「この人はパソコンは大丈夫だな」と感じるはずです。

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを動画で楽々マスター!動画パソコン教室!【楽ぱそDVD】オフィス2016
オフィス2016

Excel(エクセル)のひととおりの操作方法がわかれば、サクッと見積書や報告書を
作成することが出来るのであなたの社内での評価も一気にあがります。
逆にエクセルがあまりわかっていない人は表の作成などに余分な時間がかかってしまうため
仕事がどうしても遅くなりあまり良い結果にはなりません。
そしてExcel(エクセル)をマスターしたら次はワード、パワーポイント、アクセスと覚えてゆくのが効率的でしょう。
Excel(エクセル) 2016に挑戦したいところです

パソコンが上達するコツとは?
パソコンが上達するコツとしてはまず、
わかりやすい教材で学習することが大切です。
わかりやすいと学習していて楽しいですし、記憶にしっかりと残ります。
逆にわかりにくいと学習するのがだんだんイヤになって挫折の原因にもなります。

あなたもご経験があるかもしれませんが、同じことを学習するにも
わかりやすい参考書とわかりにくい参考書の両方が存在します。
特にパソコン系でわかりやすい教材の最低条件としては動画などで
実際の操作画面をそのまま再現して解説しているということです。

もうひとつのコツとしてはこれも教材によるものですが、実務や趣味で
よく使われる機能がちゃんと解説されているかどうかということです。
ソフトの機能はいろいろありますが、やはりよく使う機能とほとんど使われない機能の
両方があります。
実務や趣味でよく使う機能から学習してゆけば、実際に仕事やプライベートで
パソコンを使う際にも、「あ、これはこの前覚えた機能が使えるな!」という感じで
すぐに利用できるので上達感を感じながら、パソコン操作の能率がアップしてゆきます。

以上の条件を満たす教材を使って毎日少しずつでも、細切れ時間を利用して
学習すれば確実にパソコンのスキルをアップさせることができます。


office 2016
「ワード・エクセル・パワーポイント・アクセス」が
映像と音声で楽ラク覚えられる動画パソコン教室です
タグ:2016 エクセル
posted by エクセル2016から at 02:32| Excel2016からスタート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

事務のお仕事でExcel(エクセル)を使っていない会社ないのでは?

動画パソコン教室 【楽ぱそDVD】でExcel(エクセル) 2016の学習をスタートしたい
マイクロソフトオフィスは使えるようになっておきたい
得意だと優位になることができます

マイクロソフトオフィスの中でもやはり
Excel(エクセル)です
事務のお仕事でExcel(エクセル)を使っていない会社ないのでは?
最も重要だと思われます「Excel(エクセル)」のスキルアップさせる必要があります

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを動画で楽々マスター!動画パソコン教室!【楽ぱそDVD】オフィス2016

そのバージョンに関しても
現時点で最も新しいバージョンである、「2016」です
常に最新バージョンがマイクロソフトからリリースされてます

OSと同じ様にオフィスもバージョンアップされ続けています
そのバージョンが、現時点では「2016」になります

せっかくExcel(エクセル)を学習する、学ぶには
最新バージョンの2016で挑戦したいところです

エクセルとは
エクセルとは表計算を行うソフトです。
表計算ソフトでは最も高いシェアを誇り、ほとんどの企業や個人で利用されています。
エクセルでは表を作成したり、表の中に数式を埋め込んで集計や計算をさせたり
グラフを作成したりする機能を持っています。
主に見積書を作成したり、収支報告書を作成したり、経営分析など幅広く利用されています。


「動画パソコン教室 【楽ぱそDVD】」では
オフィスソフトの基本から応用まで
ビジネスやプライベートですぐに使えるテクニックを自宅で
わかりやすい解説と動画でスムーズにマスターすることができます。

posted by エクセル2016から at 02:18| Excel2016からスタート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

「Excel 2016」からスタートして基本からマスターしていただきたい

マイクロソフト オフィスのバージョン 2016が広がりつつありますが
今後、Office 2016が定番になるのは目に見えてます
Microsoft Officeのバージョンの違いを先に使いこなせるようになっていると
パソコンのスキルをアピールに繋がります
就職 転職 社内評価のアップにもなると思われます



Office アプリケーションである
Excel 2016
Word 2016
PowerPoint 2016
Access 2016


パソコンの初心者の方からしっかり学ぶ事ができる環境があります
基本の使い方を動画で見て、実際に分かりやすく学べる動画パソコン教室があります

動画パソコン教室ということで
動画で映像と音声で分かり易いです
動画で学んだことをすぐに実践するため操作する事が有効です


動画パソコン教室では
何度でも繰り返し、見て確認できて安心です
実際にOfficeを使ってみて、同じ様に操作できること、できない事を
手を動かして操作する事がとても大事だと思います




動画パソコン教室の対応環境
Widonws
Mac
iPad
iPhone
iPod

あらゆる環境でご使用いただけるようになっております



動画パソコン教室の利点として料金が上げられます
ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスの入門から応用までを学習する場合、
パソコン教室では50万円以上の受講料が必要となりますが、
楽ぱそDVDでは2万円以下ですみます。


動画パソコン教室では、パソコン初心者の方から
Office アプリケーションの4種類を学ぶ事ができます
Excel 2016
Word 2016
PowerPoint 2016
Access 2016

このOfficeの中では、やはり一番使う機会多いはず
触れる機会が多い可能性がある
「Excel 2016」をスタートに基本からマスターして頂きたいと考えております
Excel」を使いこなせる人は、そう多くいらっしゃいません
そのエクセルの使い方を基本をしっかりマスターできれば
その時点で、パソコンのスキルをアピールできるようになります
さらに、「Excel 2016」を使えるようになる事は
最新のバージョンを使えるという事になり、もっと「エクセル」のスキルが評価されるはずです

その為、「エクセル」初心者から脱却し、一気にエクセルの使い方
基本をマスターできれば、パソコンスキルをゲットできるはずです

そうなれば、就職、転職、社内の評価にも
好影響を与える事が出来る事は容易に想像できると思います


動画パソコン教室で学んで頂く順番としましては下記の順が最も良いかと思います
1 Excel 2016
2 Word 2016
3 PowerPoint 2016
4 Access 2016


その為、やはり、「Excel 2016」から制覇して頂きたいです



ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを動画で楽々マスター!動画パソコン教室!【楽ぱそDVD】オフィス2016
posted by エクセル2016から at 03:04| Excel2016からスタート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ケアマネ(介護支援専門員)試験対策 2016